FINTECH LABO

フィンテックのおすすめ投資・資産運用サービスの仕組み・特徴・利回り・リスク・メリット・デメリットを徹底調査!

【2017年度版】大手5社が展開するオススメのポイントサービスについて比較してみた|楽天、Tポイント、Ponta(ポンタ)、リクルート、ドコモで最も優れているポイントはどれか

 

 

目次

こんにちは。

 

本日は、オススメのポイントサービスについて比較してみました。

楽天スーパーポイント

まずは、楽天スーパーポイント。

楽天スーパーポイントとは

楽天スーパーポイントは、楽天が運営するポイントサービスのことを指します。

楽天スーパーポイントの発行主体

発行主体は楽天株式会社です。

サービス開始時期

サービス開始時期は2002年11月です。 

参考:楽天株式会社: 過去のプレスリリース

楽天スーパーポイントの会員数

会員数は、約1.1億人(2016年9月現在)。

楽天スーパーポイントの加盟店数

1.2万人(2014年時点)

楽天スーパーポイントの主な加盟店

楽天スーパーポイントの主な加盟店としては、

  • サークルKサンクス
  • ミスタードーナツ
  • 出光
  • 大丸
  • プロント

が挙げられます。また、当然ながら、以下の様な楽天グループのサービスでも使用可能です。

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天トラベル
  • 楽天オークション
  • 楽天カード
  • 楽天Edy

楽天スーパーポイントの1ポイントの価値

楽天スーパーポイントの1ポイントの価値は、1ポイント=1円です。

楽天スーパーポイントのポイント付与率

楽天スーパーポイントのポイント付与率は、100円〜200円毎に1ポイントです。

楽天スーパーポイントのメリット

楽天スーパーポイントのメリットとしては以下のとおり。

高い還元率

100円で1ポイント貯まり、1ポイント=1円。

会員ランク毎のお得な特典

会員ランク毎のお得な特典が容易されています。

便利なポイント交換サービス

ANAマイルや各種提携サービスで交換可能です。

生活にマッチした豊富なサービス

様々な楽天提供のサービスでご利用可能です。

お得で豊富なキャンペーン

倍付け、無料登録などで貯まるお得情報が盛りだくさん

楽天カード

カード利用でポイント2倍、3倍。

楽天スーパーポイントのデメリット

会員登録すると、メールがスパムのようにやってくるのがうざいかもしれません。

クレジットカード①:楽天カード

国際ブランド

国際ブランドとしては、

  • VISA
  • MASTER CARD
  • JCB

が挙げられます。

年会費

年会費は無料です。

クレジットカード②:楽天ANAマイレージカード

楽天ANAマイレージカードは2016年2月からサービス開始されました。

国際ブランド

国際ブランドとしては、

  • VISA
  • Master Carder
  • JCB

が挙げられます。

年会費

年会費は、

  • 初年度無料
  • 2年目以降540円(税込)※年1回の利用で年会費無料

といった感じです。

 

Tポイント

続いて、Tポイントについて説明します。

Tポイントとは

Tポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開するポイントサービスです

Tポイントの発行主体

Tポイントの発行主体は、CCCマーケティング株式会社です。

Tポイントのサービス開始時期

Tポイントのサービス開始時期は、2003年10月です。

Tポイントの会員数

Tポイントの会員数は、5707万人です(2016年1月末時点)

Tポイントの加盟店数

Tポイントの加盟店数は、約7.5万店です(2014年3月末)

Tポイントの主な加盟店

Tポイントの主な加盟店を挙げていきます。

  • TSUTAYA
  • ファミリーマート
  • ガスト
  • エネオス
  • ドトール
  • マルエツ
  • ANA
  • ソフトバンク
  • ヤフー
  • 東京電力

Tポイントの1ポイントの価値

1ポイント=1円となっています。

Tポイントのメリット

Tポイントのメリットとしては、以下が挙げられます。

メリット①:加盟店数が多い
メリット②:Tポイントの現金化が可能

Tポイントのデメリット

Tポイントのデメリットとしては、

  • 個人情報の提供が必要
  • Tカード単体では楽天に比べポイント還元率が低い
  • ファミリーマート以外のコンビニで使いにくい

ことが挙げられます。

クレジットカード①:ファミマTカード

国際ブランド

JCB

年会費

無料

付与ポイント

Tポイント

還元率

0.5%-1.0%

デメリット

初期設定のままだとリボ払い専用になってしまう

クレジットカード②:Yahoo!JAPANカード

国際ブランド

VISA、JCB、MasterCard

年会費

無料

付与ポイント

Tポイント

還元率

1%

 

Ponta(ポンタ)

次に、Ponta(ポンタ)。

Ponta(ポンタ)とは

Ponta(ポンタ)は、三菱商事の関連企業であるロイヤリティマーケティングでが発行するポイントプログラムのことを指します。

ロイヤルマーケティングとは

ロイヤルマーケティングの基本情報について記載しておきます。

  • 会社名:株式会社ロイヤルマーケティング
  • 設立:2008年12月1日
  • 主な事業:ポイント事業/マーケティング事業
  • 役員:代表取締役社長 長谷川剛
  • 従業員数 187名(2016年10月1日)
  • 資本金:23億8,157億円
  • 株主:三菱商事47.37%、ローソン20.00%、リクルートホールディングス15.00%、日本航空15.00%、ゲオホールディングス2.63%

Ponta(ポンタ)のサービス開始時期

Ponta(ポンタ)のサービス開始時期は、2010年3月です。

Ponta(ポンタ)の会員数

日本国内7,000万人、インドネシア300万人、台湾100万人を突破(2015年5月28日時点)。

参考:「Ponta」会員数 日本国内 7,000万人、インドネシア 300万人、台湾 100万人を突破|2015|ニュース|Loyalty Marketing, Inc.

Ponta(ポンタ)の加盟店数

仕掛中

Ponta(ポンタ)のポイント付与率

Ponta(ポンタ)のポイント付与率は、100円〜200円毎に1ポイント。

Ponta(ポンタ)の主な加盟店

Ponta(ポンタ)の主な加盟店は、以下の通りです。

  • ローソン
  • 日本航空
  • ケンタッキーフライドチキン
  • リクルート
  • 昭和シェル

Ponta(ポンタ)の1ポイントの価値

Ponta(ポンタ)の1ポイントの価値は、1ポイント=1円です。

リクルートポイントと交換可能

リクルートポイントと交換可能です。ちなみに、リクルートポイントはPontaポイントに統合されました。

dポイントと交換可能

dポイントと交換可能です。

Ponta(ポンタ)のメリット

リクルートポイントとの交換が可能

リクルートポイントとの交換が可能です。

dポイントとの交換が可能

ポイントとの交換が可能です。

Ponta(ポンタ)のデメリット

クレジットカード①:Ponta Premium Plus

Pontaポイントが貯まるクレジットサービスとしては、Ponta Premium Plusがあります。

国際ブランド

VISAを採用しています。

年会費

年会費については、

  • 初年度無料
  • 2年目以降2000円(税別)※5万円以上の利用で年会費無料

となっています。

クレジットカード②:リクルートカード

リクルートカードで貯まるのはリクルートポイントですが、リクルートポイントは現在Ponta(ポンタ)ポイントに変換できるので、Ponta(ポンタ)ポイントを貯めることが出来ます。

クレジットカード③:JMBPontaカード

ポイントとしては、

  • ローソンまたはローソン100でクレジットカード

 

リクルートポイント

続いて、リクルートポイント。

リクルートポイントとは

リクルートポイントとは、リクルートが運営するポイントプログラムです。

リクルートポイントの発行主体

リクルートポイントの発行主体は、リクルートホールディングスです。

リクルートポイントの会員数

非公開

リクルートポイントの加盟店数

リクルートポイントの加盟店数は、非公開。

リクルートカードが利用可能なサービス

リクルートカードが利用可能なサービスは、以下の通り。

  • ホットペッパー
  • ホットペッパービューティー
  • ポンパレ
  • じゃらん

リクルートポイントの1ポイントの価値

リクルートポイントの1ポイントの価値は、1ポイント=1円です。

リクルートポイントのメリット

リクルートポイントのメリットについて説明します。

還元率

リクルートポイントの最大のメリットは、「還元率」ですたとえば、ホテルの予約なら、

  • じゃらん:2%
  • 楽天トラベル:1%

ショッピングなら、

  • ポンパレモール:3%
  • 楽天市場:1%

というように楽天と比較するとポイントが貯まりやすいです。しかも、クレジットカードの「リクルートカード」を使えば、さらにポイントが貯まります。リクルートカードも比較的ポイント還元率は高いです。つまり、リクルートカードを使って対象サービスを利用すると、還元率が非常に高くなるので、ポイントがすぐに貯まります。特にリクルートカードプラスを持っていれば、4~5%の付与率になります。

リクルートポイントのデメリット

逆に、リクルートポイントの最大のデメリットは、「ポイントを使える範囲が狭い」ことです。ただ、Pontaポイントとの転換が可能になったので、このデメリットは解消しつつあります。

クレジットカード

リクルートカードプラス

ポイントとしては、

 

dポイント

最後にdポイント。

dポイントとは

dポイントとは、NTTドコモが運営するポイントサービスです。

dポイントのサービス開始時期

dポイントのサービス開始時期は、2015年12月1日です。

dポイントの会員数

仕掛中

dポイントの加盟店数

仕掛中

主なdポイントの加盟店

主なdポイントの加盟店としては、

  • ローソン
  • マクドナルド

があります。あとは、当然dマーケットで使用可能です。具体的には以下の通りです。

  • dショッピング
  • dゲーム
  • dブック
  • dトラベル
  • dミュージック
  • d fashion
  • dデリバリー
  • dTV
  • dヒッツ
  • dマガジン
  • dアニメストア
  • dグルメ
  • dキッズ
  • dヘルスケア

あたりです。