ソーシャルレンディング自体は詐欺でも怪しい仕組みでもないけど、ハイリスクで貸倒れトラブル等の問題点も存在する。

「san francisco night」の画像検索結果

目次

はじめに

「ソーシャルレンディングって怪しいんじゃないの?」ってたまに知り合いから相談を受けるのですが、いちいち答えるのも時間がかかるので、この記事にまとめておきます。

ソーシャルレンディングは利回りが異常に高いけど、詐欺ではない

ソーシャルレンディングは利回りが圧倒的に高いため、一部の方々は「こんな利回りの高い投資がありえるわけがない!怪しい!詐欺に違いない」と思ってしまっているのですが、結論から言うと、ソーシャルレンディング自体は詐欺でもなんでもありません。普通にマトモな仕組みです。もちろん、みんなのクレジットのように行政処分を受けてしまったような業者も存在するといえば存在します。

株式会社みんなのクレジットに対する行政処分について


株式会社みんなのクレジット(本店:東京都渋谷区、法人番号1010001168066、第二種金融商品取引業)に対する検査の結果、問題が認められたとして証券取引等監視委員会から行政処分を求める勧告が行われたことを受けて、関東財務局長は、本日、同社に対して行政処分を行いました(詳細は、関東財務局ウェブサイトを参照してください)。

参考:株式会社みんなのクレジットに対する行政処分について

「みんなのクレジット」についてはまったくオススメできませんが、ソーシャルレンディングの仕組み自体は詐欺ではないですし、後でも紹介する【クラウドクレジット】 のような「マトモ」な企業がほとんどです。黎明期は怪しげな業者も存在したようですが、淘汰された模様です。

貸金業および第二種金融商品取引業の免許を取得しているかをチェック

で、マトモなソーシャルレンディング業者を見分ける方法ですが、貸金業および第二種商品取引業の免許を取得しているかを確かめます。その際に参考になるのが以下の金融庁のサイトです。

参考:金融商品取引業者登録一覧

また、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会のサイトもチェックするべきです。免許を取得済の企業はこちらにも記載されています。

参考:一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 -会員について-

ソーシャルレンディングで「不労所得」が得られるという話は嘘ではない

ソーシャルレンディングで不労所得が得られるという話は嘘ではありません。実際、ソーシャルレンディングに1000万円投資している友人によれば、月3万円程度の「不労所得」が得られているそうです。銀行に眠らせておいても雀の涙程度の利息しかつきませんが、ソーシャルレンディングにおいておけば、毎月数万円の収益が発生するというのは嘘ではなく、周りの賢い人々は結構そのことに気づいています。ただ、かなりまとまった「投資元本」がないとなかなか不労所得とまではなりません。もし、ソーシャルレンディングでの不労所得を目指したいのなら、まずはしっかり働いてまとまった貯金額を得ることをオススメします。

ソーシャルレンディングはリスクの高い投資であり、将来的には貸倒れの可能性も

ソーシャルレンディングの魅力について述べてきましたが、言うまでもなく、リスクも存在するので注意は必要です。クラウドポートの調査によれば、過去3年間での貸倒れ率は0件だそうですが、将来的にはどうなるかわからないので、注意が必要です。以下にクラウドポートのプレスリリースを載せておきます。

ソーシャルレンディング業界は、8%を超える利回り(2)と、過去3年間で貸し倒れ発生件数ゼロ(3)という安全性、少額からはじめられる手軽さ、といった魅力にもかかわらず、他の資産形成手段とくらべてあまり注目されてきませんでした。

その一因として、身近にソーシャルレンディング投資経験者が少なく、信頼できる情報も少ないため、なかなか手を出しにくい状況があったと考えられます。

2)当社が集計対象としている18社が募集したファンドの平均利回り。2016年7月〜12月

3)当社が集計対象としている国内18社への、1月末時点のヒアリングに基づく。融資先から元本が回収できない事象を貸し倒れと定義し、為替差損を含まない。

参考:業界初!ソーシャルレンディング主要事業者と投資家が一堂に会する、一般向け合同説明会「ソーシャルレンディングサミット」を3月8日に開催|株式会社クラウドポートのプレスリリース

また、過去3年間は貸倒れ件数0件とのことですが、さらに遡ると、SBIソーシャルレンディングやmaneo(マネオ)で貸倒れが発生したことがあるそうです。ただ、これは個人向けの貸出によるものだそうで、企業向けのソーシャルレンディングでは貸倒れは発生していません。

個人的におすすめのソーシャルレンディング企業はクラウドクレジット

以上のように、なかなかリスクもあるソーシャルレンディングですが、個人的にもっともオススメなソーシャルレンディングサービスを挙げよと言われたら、【クラウドクレジット】 をオススメしたいです。最大の理由は圧倒的な信頼性の高さ。伊藤忠商事やマネックスベンチャーズが株主として参画していることや、経営陣のこれまでの経歴から信頼性が高いと考えられます。代表取締役を務める杉山氏のインタビューがクラウドポートに載っていましたので、参考になるかと思います。

参考:クラウドクレジット杉山社長 インタビュー | ソーシャルレンディング情報 - CROWDPORT

また、【クラウドクレジット】 は成長著しい海外企業に投資を行っているため、利回りも10%を超えるものも少なくありません。1万円の投資から始められて10%近い利回りを得る投資は他にはなかなかなく、非常に競争力の高い投資商品を提供しています。

最後に

いかがでしたでしょうか。ソーシャルレンディングはリスクもありますが、投資手段としては悪くない選択肢の一つだと思います。10万円銀行預金に眠らせておいても、ほんの僅かな利息にしかなりませんが、ソーシャルレンディングならそれなりの収益になる可能性も存在します。【クラウドクレジット】 は1万円からの少額投資も可能ですので、試してみたい方は以下のリンクから無料口座開設してみると良いと思います。

参考:ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

リスクを抑えた堅実な投資を行いたい方にはロボアドバイザーがおすすめ

ただ、あまりリスクを取るのは苦手で、もっと低リスクな投資というか資産運用を行いたいという方々もいるかもしれません。そういう方々に対しては、ロボアドバイザーでの資産運用をオススメしたいです。当ブログでも、ロボアドバイザーに関するコンテンツはいくつかありますので、こちらからご覧になると良いと思います。

参考:ロボアドバイザー投資の評判は?特徴・魅力・メリット・デメリット・おすすめのポイントを初心者向けに基本から徹底比較! - FINTECH LABO

また、ロボアドバイザーの中でもWealthNavi (ウェルスナビ)が個人的にはイチオシです。

WealthNavi

参考:ロボアドバイザー投資の評判は?特徴・魅力・メリット・デメリット・おすすめのポイントを初心者向けに基本から徹底比較! - FINTECH LABO

余剰資金でハイリスク・ハイリターンな投資を行いたいなら、ビットコインを始めとした仮想通貨投資がおすすめ

一方で、「ソーシャルレンディングも良いけど、もっとリスクを取りたい!」という方々もいらっしゃると思います。そういう方々には、ビットコインをはじめとした仮想通貨投資がおすすめです。仮想通貨投資はFX並みもしくはそれ以上にハイリスクな投資ですが、同時に、リターンもハンパない水準で、イーサリアムを今年のはじめから50倍くらいにはなっているので、

  • 10万円入れていれば500万円
  • 100万円入れていれば5000万円

になっていたことになります。ちなみに、イーサリアムがICOした時点からは1000倍以上になっていると思うので、

  • 10万円入れていれば1億円
  • 100万円いれていれば10億円

くらいになっている計算になります。また、リップルの場合も今年のはじめから30倍くらいになっているので、

  • 10万円入れていれば300万円
  • 100万円入れていれば3000万円

くらいになっている計算になります。まあ、税金がかかってくるので、実際に手に入る金額はもっと少なくなりますが、なかなか夢のある数字だと思います。仮想通貨を購入するにはCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

参考:簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin