読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FINTECH LABO

フィンテック・ブロックチェーン・AI・IoT・ビッグデータ関連の有用な情報を提供するブログメディア

大和証券のロボアドバイザー「ダイワファンドラップオンライン」のおすすめのポイント、メリット、デメリットについて入念に調べてみた。

f:id:katsuki-kenta:20170208193753p:plain

目次

こんにちは。

 

 本日は、大和証券のロボアドバイザー「ダイワファンドラップ」のおすすめのポイントを他社サービスと比較してみます。

大和証券、ロボ・アドバイザー機能活用の資産運用サービス「ダイワファンドラップ オンライン」を取り扱い開始

2017年1月17日の日本経済新聞から抜粋します。

大和証券株式会社(以下、当社)は、ロボ・アドバイザー機能の活用により、お客さま一人ひとりの将来設計の実現をサポートする新しいかたちの資産運用サービス「ダイワファンドラップ オンライン」の取扱いを平成29年1月27日より開始いたします。「ダイワファンドラップ オンライン」では、ロボ・アドバイザーによる3つの診断メニューにより、お客さまのライフステージに沿った資産形成を行なっていただく上で最適な運用スタイルをご提案いたします。また、契約手続きから運用状況の確認までのすべてがインターネットで完結するため、本格的な国際分散投資による資産運用を手軽に始めることができます。なお、多くのお客さまの資産形成にご利用いただけるよう、契約金額を50万円以上とし、操作方法などのご不明な点に関しては、店頭やコンタクトセンターにご相談いただけます。「ダイワファンドラップ」に加えて、昨年10月から「ダイワファンドラップ プレミアム」の取扱いを始めた当社は、さらに「ダイワファンドラップ オンライン」をファンドラップのラインナップに加えることで、従来以上に、さまざまなお客さまの資産運用ニーズにお応えしてまいります。

参考:大和証券、ロボ・アドバイザー機能活用の資産運用サービス「ダイワファンドラップ オンライン」を取り扱い開始 :日本経済新聞

 

大和証券のロボアドバイザー「ダイワファンドラップオンライン」とは

ダイワファンドラップオンラインとは、大和証券が提供するファンドラップサービスのひとつです。大和証券が提供するファンドラップサービスとしては、

  1. ダイワファンドラップ
  2. ダイワファンドラップオンライン
  3. ダイワファンドラッププレミアム

があります。ダイワファンドラップは最低投資金額が300万円ですし、ダイワファンドラッププレミアムに至っては、最低投資金額が3,000万円以上。

ダイワファンドラップオンラインの特徴

ダイワファンドラップの特徴について述べます。

パソコンやスマートフォンで簡単に国際分散投資が可能

本格的な国際分散投資による資産運用をパソコンやスマートフォンから手軽に行なうことができます。

サービス開始後は自動運用

運用開始後も、当社がお客さまに代わり最適な運用スタイルを維持するための定期的なメンテナンスを行ない、自動で売買を行なうため、資産の運用管理に手間がかかりません。

ダイワファンドラップオンラインの投資対象

ダイワファンドラップの投資対象は、以下の資産クラスごとに1本の計9本のインデックスです。

  1. 国内株式
  2. 外国株式(為替ヘッジあり)
  3. 外国株式(為替ヘッジなし)
  4. 国内債券
  5. 外国債券(為替ヘッジあり)
  6. 外国債券(為替ヘッジなし)
  7. 国内REIT
  8. 外国REIT(為替ヘッジあり)
  9. 外国REIT(為替ヘッジなし) 

ダイワファンドラップオンラインの最低投資金額:50万円

ダイワファンドラップオンラインの最低投資金額は50万円です。

WealthNavi

ロボアドバイザーによる3つの診断メニュー

ロボアドバイザーによる3つの診断メニューは以下の通りです。

リスク許容度診断

自分に合った運用スタイルを見つけたいという場合に「リスク許容度診断」を使ってリスク許容度に応じた運用スタイルを提案する

ライフプランニング

お客さまが思い描くライフプランの実現可能性を診断しながら、そのライフプランを実現するために必要な資産を形成するための運用プランを提案する。子どもの教育や持ち家、自動車の所有、老後の生活水準など、ライフイベントで必要となる資金を、どのような手段で手当てしていくかを考えていただく

資産運用プランニング

資産運用の目標がはっきりしている場合、その目標とする資金を確保するための運用プランを提案する

ダイワファンドラップオンラインの手数料

ダイワファンドラップオンラインの手数料は、1.08%。

ファンドラップオンラインフィー=投資顧問料+取引等管理手数料+消費税

という計算式で表され、

  • 投資顧問料:0.21%
  • 取引等管理手数料:0.79%
  • 消費税:0.08%

なので、ファンドラップオンライン・フィーが1.08%となります。

 

悪くないサービスだが、ウェルスナビと比べると機能面ではまだまだな印象

まだ始まったばかりということもあるんでしょうが、WealthNavi と比較すると、機能面で若干劣る気がしています。そもそも、これはあんまり「ロボアドバイザー」という感じでもないような気もします。WealthNavi 以外でも、大手証券会社も続々とロボアドバイザーの領域に進出してきていますが、どこかのタイミングで差別化された強みみたいなものを投入してくることを期待します。

WealthNavi

あわせて読みたい

関連記事を以下に記載します。

ロボアドバイザー

ソーシャルレンディング