FINTECH LABO

フィンテックのおすすめ投資・資産運用サービスの仕組み・特徴・利回り・リスク・メリット・デメリットを徹底調査!

資金移動業者「LINE PAY(ラインペイ)」の法規制(資金決済法)まわりで押さえておくべき特徴について色々と調べてみた。

f:id:katsuki-kenta:20170117010717p:plain

こんにちは。

 

本日は、LINE PAY(ラインペイ)の法規制(資金決済法)まわりについてあんまり詳しくないので、色々と調べてみようかと思います。

資金決済法とはなにか

まずは、資金決済法について簡単に学びましょう。資金決済法というのは、実は正式な名称ではなく、正しくは「資金決済に関する法律」と言います。2010年4月に施行されています。大まかには以下のように3つの内容に分類されます。

  1. サーバー型前払式支払手段の規制対象化
  2. 資金移動業の創設
  3. 資金清算業の導入

LINE PAY(ラインペイ)は資金移動業

LINE PAY(ラインペイ)はこの中の資金移動業に分載されます。ちなみに、この資金移動業はさらに3つに分類することが出来ます。つまり、

  1. 営業店型
  2. インターネット・モバイル型
  3. カード・証書型

の3種類に分類することが出来ます。LINE PAY(ラインペイ)はこの中のインターネット・モバイル型に分類されます。

資金移動業者とは何か

ここで、あらためて「資金移動業者」について説明しておきましょう。資金移動業者とは、一言で言えば、銀行等の預金取扱金融機関以外の為替取引を業として営む者のことを指します。銀行は「銀行法」で規制されますが、資金移動業者は「資金決済法」で規制されます。資金移動業者について知っておくべきことを箇条書きでまとめると以下のようになります。

  • 銀行以外の者でも、登録を受けることにより、為替取引を行うことが出来る
  • 100万円以下の少額取引に限定
  • 預金の受け入れ、預金を原資とする資金の貸付はできない
  • 兼業規制なし
  • 登録制
  • 業務の確実な遂行に必要な財産的基礎が必要
  • 業務遂行体制の整備、規定の遵守のための体制整備の保全が必要
  • 議決権取得制限、株主規制、持ち株規制なし
  • 情報の安全管理など利用者保護のための措置が必要
  • 事業報告書のほか資産保全状況等の定期報告
  • 業務改善命令、立ち入り検査
  • マネーロンダリング規制

この中から重要なものをピックアップしてみます。

内閣総理大臣からの登録

資金移動業の登録を受けるには、内閣総理大臣の登録が必要です。登録を受けた資金移動業者は、金融庁または財務局のウェブページで確認することが出来ます。

履行保証金の供託

資金移動業者は、送金途中にあり滞留している資金の100%以上の額を保全する必要があります。履行保証金供託方法としては、

  1. 金銭または有価証券による供託
  2. 履行保証金保全契約の締結
  3. 履行保証金信託契約の締結

があります。

裁判外紛争解決制度(金融ADR)への対応

資金移動業者は裁判紛争解決制度(金融ADR)への対応も義務付けられています。裁判外紛争解決制度(金融ADR)とは、訴訟を起こさずに第三者に仲介してもらいながら当事者同士の話し合いで解決を目指す制度のことを指します。訴訟に比べると低コストで時間の負担も軽減されることに特徴があります。

 

LINEではなくLINE PAY株式会社が資金移動業者

気をつけなければならないのは、資金移動業者の登録を行っているのは、LINE本体ではなく、LINE PAY株式会社であるということ。LINE PAY株式会社の会社概要については、知っておくべきことは以下の通り。

  • 代表取締役社長:枡田淳
  • 設立:2014年5月9日
  • 事業内容:電子マネーその他の電子的価値情報及び前払式手段の発行、販売並びに管理、電子決済システムの提供及び資金移動業
  • 株主:100%LINE株式会社

LINE PAYの最近の提携を含めた動向

LINE PAYが最近行った提携を含めた動向について頭の整理がてらまとめておきます。

2016/3月:LINE PAYカードのサービスを開始

LINE PAYカードは決済サービス「LINE PAY」にひも付けて使うプリペイドカードです。開始3日で10万枚の申し込みがあったとのこと。JCBと提携したことが特徴の一つです。

2016/3月:三菱東京UFJ銀行と提携

三菱東京UFJ銀行の口座からLINE PAYへのチャージが可能に。

2016/4月:横浜銀行と提携

横浜銀行の口座からLINE PAYへのチャージが可能に。

2016/10月:ゆうちょ銀行と提携

ゆうちょ銀行の口座からLINE PAYへのチャージが可能に。

2016/11月:セブン銀行と提携

2017年春からセブン銀行ATMでの入出金が可能に。

 

参考:LINE Cash、LINE MONEYあたりの位置づけについて整理しておく

LINE PAY、LINE CASH、LINE MONEYの位置関係などがわかりづらいので、軽く整理しておきます。LINE Cashとは、LINE PAYのチャージされた金額のことを指します。LINE CashはLINE MallやLINE STOREで手数料なしで商品の購入を行うことが出来ます。ただ、LINE Cashのままでは送金や引き出しを行うことはできません。本人確認を行う、LINE Moneyに変換することが必要です。