FINTECH LABO

フィンテックのおすすめ投資・資産運用サービスの仕組み・特徴・利回り・リスク・メリット・デメリットを徹底調査!

Bitcoin(ビットコイン)で決済可能な企業について調べてみた。

f:id:katsuki-kenta:20170114104900p:plain

目次

こんにちは。

 

本日は、Bitcoin(ビットコイン)で決済可能な企業について調べてみました。 

Starbucks(スターバックス)

まずはスターバックス。

2014年:カリフォルニア州の店舗でビットコイン決済対応

2014年から、カリフォルニア州などの一部の店舗ではビットコイン決済に対応していたようです。

2015/12月:ビットコイン支払いで20%OFFキャンペーン

ビットコイン企業のエアビス社と提携し、「ビットコイン決済でコーヒー20%オフ」というキャンペーンを行ったようです。

2016/12月:iPayYouと提携し、スタバアプリでビットコイン決済が可能に

スターバックスはビットコイン決済サービスを提供するiPayYouと業務提携を行いました。 

Microsoft(マイクロソフト)

マイクロソフトについて。

2014/12月:XboxがMicrosoftアカウントでのビットコインサポートを追加

2014年12月、マイクロソフトがビットコイン決済を導入。マイクロソフトのユーザーは、Xbox Liveアカウントを通じて、Windows PhoneやMicrosoft Azure、Xbox Gamesなどのアプリ購入のためにビットコインを使用することが出来ます。

2017年:Excelでビットコインのサポートを開始

マイクロソフトはExcelのモバイルとデスクトップ版にビットコインのサポート追加するとのこと。

 

楽天

楽天について。

2014/12月:Bitnet(ビットネット)に出資

楽天はビットコイン企業「Bitnet(ビットネット)」に出資。ちなみにこのBitnes(ビットネット)ですが、2016年3月には、日本航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空など250を超える航空会社の法人決済ネットワークUATPと業務提携を結んだことが明らかになっています。

2015/5月:米Rakuten.comがビットコインでの支払いに対応開始

楽天は海外のマーケットプレイスにおいて、ビットコインを新たな決済手段として導入することを発表。まずは、米国「Rakuten.com」からスタートし、年内を目処にドイツ「Rakuten.de」およびオーストラリア「Rakuten.at」にも導入する。

DMM

さらにはDMM。

2016/2月:DMMがビットコイン支払い受付を開始

DMMポイントの購入がビットコイン決済で可能です。ビットコインのチャージ方法につぃては、以下のリンクを参照。

参考:ビットコインでのDMMポイント追加について

参考:Target(ターゲット)

米小売企業大手のターゲットはイーコマースでの販売強化を行うためビットコインやブロックチェーンに対する理解がある人物の雇用を募集しているとのこと。

参考:Walmart(ウォルマート)

ウォルマートはカナダ国内の405店舗にてVISAカードの取り扱いを停止したそうで、ビットコイン決済への乗り換えではないかという憶測が流れているようです。

 

参考:Airbnb(エアビーアンドビー)

最後にAirbnb(エアビーアンドビー)。

2016/4月:ビットコイン企業「ChangeCoin」を買収

Airbnbはビットコイン企業「ChangeCoin」を買収しました。これはビットコイン決済というよりかはブロックチェーン技術の活用して、オンラインでの評判システムをつくろうとした動きだと思われます。

2016/12月:Airbnbの利用者がビットコイン決済を待望

Airbnbの利用者が2017年にAirbnbに最も期待することは、ビットコイン決済だそうで、ブライアン・チェスキー氏も非常に驚いているそうです。