FINTECH LABO

フィンテックのおすすめ投資・資産運用サービスの仕組み・特徴・利回り・リスク・メリット・デメリットを徹底調査!

「おつり」で「投資」が最強の資産運用|ウェルスナビ(WealthNavi)と住信SBIの新サービスは、非常にオススメで、試す価値はアリだと思う。

Wealth Navi

目次

こんにちは。

 

買い物の「おつり」を自動的に積立、世界に分散投資

Wealth Navi

少し前のニュースで恐縮ですが、Wealth Navi(ウェルスナビ)に関するニュースでこんなニュースがありました。

www.bloomberg.co.jp

以下、引用です。

電子決済による買い物の「おつり」を自動的に積み立てて世界の金融資産で運用する-。フィンテック会社のウェルスナビはこんな日本初のサービスを開発中だ。若年層をターゲットに少額投資できる機会を提供し、将来の主要顧客に育てる狙い。3メガ銀や地銀との提携も視野に入れる。おつり投資はスマートフォンにアプリをダウンロードし、電子マネーやクレジットカード払いの端額を投資に回す。支払いを100円単位とし物品購入額を引いた99円以下を積み立て、500円単位で追加投資する。ロボアドバイザーによる投資判断で株式や債券など世界1万1000銘柄の上場投資信託(ETF)で運用する。ウェルスナビの柴山和久社長はインタビューで、来春にはこのサービスをスタートさせたいとし、「20代の若年層を主な対象に投資の魅力を伝えたい」と語った。同社には三菱UFJフィナンシャル・グループなど邦銀3メガ系のベンチャーキャピタルも出資。金融業界ではフィンテック企業への関心が高まっている。金融庁は2016事務年度の行政方針で、少子高齢化が進む中で国民の資産を安定的に増大させることが重要とし、家計による長期の積み立てや分散投資の促進を掲げた。テクノロジーが進化する中、金融機関が顧客本位の良質なサービスを提供することを求めている。ウェルスナビの事業戦略はこうした流れにも沿う。
地銀にニーズ柴山社長は最初の提携先として住信SBIネット銀行が決まっているとし、三菱UFJ、三井住友、みずほなどの大手や地方銀行にも提携を拡大していきたい考えを示した。地銀には「少子高齢化で若年層との取引が薄く、そこを増やしたい」とのニーズがあるという。おつり投資の手数料は「未定」という。ウェルスナビは昨年4月に柴山社長が設立。これまでに三菱UFJキャピタルやSMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタルなどから約21億円を調達し、7月から一般向けにロボアドサービスを開始した。最低投資額100万円、海外ETFなどに分散投資し世界の成長率プラス2ー3%の収益率を狙う。手数料は投資額の1%。現在の年代別顧客層は30ー50代が92%を占め、20代は1%にとどまっている。金融広報中央委員会の世論調査によると、金融資産を持たない単身世帯は48.1%。中でも20代では59.3%に上る。また日本クレジット協会などによると、2015年の電子マネーの取扱高は前年比16%増の約4兆6000億円。現金に代わる他の決済手段ではクレジットカードも7.7%増の約49兆8000億円と増えている。

公式サイト:WealthNavi

 

重要なポイント

Wealth Navi(ウェルスナビ)による日本初のサービスです。重要なポイントについて列挙させて頂くと、

  • 電子決済によるお買い物のお釣りを投資へ
  • 主なターゲットは20代の若年層
  • 最初の提携先としては、住信SBIネット銀行が決定しており、三菱UFJ、三井住友、みずほなどの大手や地銀にも提携を拡大していく方向

という感じ。これまでWealth Navi(ウェルスナビ)はどちらかというと30代向けをメインターゲットとしていた感があったのですが、今後は20代向けのサービスに取り組んでいくようです。

公式サイト:WealthNavi

個人的な見解

率直に言って、Wealth Navi(ウェルスナビ)が展開する予定の本サービスは非常に良いサービスだと思います。Wealth Navi(ウェルスナビ)さんはロボアドバイザーの中では個人的にイチオシなサービスなんですが、いかんせん、投資金額が100万円からということで、登録はしているんですが、まだ運用はできていない状況。Wealth Navi(ウェルスナビ)による本サービスは、来年の春からリリースされるとのことですが、間違いなく試してみたいサービスです。

公式サイト:WealthNavi

Wealth Navi

米国の「Acorns(エイコーンズ)」が似たサービスを展開

ちなみに、ご存知の方も少なくないかもしれませんが、今回のWealth Navi(ウェルスナビ)のお釣りで投資サービスと類似のサービスが米国で既に存在しています。提供しているのは、「Acorns(エイコーンズ)」という企業。創業者は、

  • ウォルター・クルテンデン氏
  • ウォルター・ジェフ氏

の親子。クレジットカードやデビットカードでの支払い取引の際の端数を集め、最適な投資を自動的に運用することを約束しています。Acornsについて、より深く理解を深めたい方は、

あたりの記事が参考になります。読みましょう。

 

バンク・オブ・アメリカのキープ・ザ・チェンジも似た発想

また、かなり昔になりますが、バンク・オブ・アメリカが提供している「キープ・ザ・チェンジ」というサービスも今回公表されたWealth Navi(ウェルスナビ)のプロダクトと似たような思想でつくられているプロダクトです。このサービスはデザインファームとして著名なIDEOがバンク・オブ・アメリカからの依頼を受けてデザインしたプロダクトで、利用者が買い物をすると、セントの端数を1ドルに切り上げた額が自動的に口座から引き落とされ、差額分が預金口座に振り込まれるようになっています。このあたりについては、下記の「デザイン思考の仕事術」に記載されています。買いましょう。

Wealth Navi

SBIはフィンテック領域に非常に積極的

このニュースにかかわらずなんですが、Wealth Navi(ウェルスナビ)の提携相手であるSBIグループのフィンテック関連の動きは非常に先進的で目を見張るものがあると思います。最近で言うと、

SBIホールディングスは10月1日、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックを主な対象とする金融研究所を開設する。ソニーフィナンシャルホールディングスや日本マイクロソフトなど大手企業の実務経験者が研究を担当する。フィンテックの総合的な研究機関は国内では珍しく、研究成果を公開しフィンテック技術の育成に役立てる。研究所の理事長には竹中平蔵・慶応義塾大学名誉教授を迎え、所長には藤田勉・前シティグループ証券副会長が就く。学術的な研究だけでなく実際のビジネスに応用できる実践的な研究をする。SBIは研究所を通じて海外でのフィンテックの事例など最新の動向を分析し、自社のサービスに活用する。国内外の金融機関にも調査リポートを提供する見通しで、フィンテック投資の活性化につなげる考えだ。コンサルティング会社アクセンチュアの調べによると2015年の国内のフィンテック関連企業への投資額は65億円と米国の0.5%にとどまった。アジア域内でも出遅れが目立ち、国内ではフィンテック企業の育成が課題となっている。

 

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝、以下「SBIホールディングス」)の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)は、FinTech事業領域の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合、以下「本ファンド」)を新たに設立しますのでお知らせいたします。SBIホールディングスはFinTech企業の先駆けとして、創業期よりインターネットを活用した金融事業を展開しております。傘下のインターネット証券会社である株式会社SBI証券は個人株式取引の4割のシェアを獲得し、インターネット専業銀行である住信SBIネット銀行株式会社は利便性を重視した商品・サービスの提供を通じて創業8年で3.5兆円を超える預金規模に成長しました。また、SBIインベストメントは「新産業クリエーター」として、IT分野等の次世代の成長分野の未公開企業に累計3,650億円の投資を行ってまいりました。近年、インターネット・クラウド・モバイルといったIT分野の技術革新により、新たなテクノロジーやサービスを活用した異業種の企業やベンチャー企業が金融産業へ進出し、従来の金融サービスを代替しようとする潮流が世界的に進んできております。このようなITを活用した金融産業に関わる新たなテクノロジー・サービスをFinTechと呼び、昨年のFinTech事業領域のベンチャー企業への投資額は世界で約1兆5,000億円に拡大しています(※)。一方、国内におけるFinTech産業は黎明期にあり、まさにこれから成長が大きく見込まれる分野です。一方で国内の金融環境を鑑みると、人口減少および一極集中による地域経済への影響から地域金融機関の再編が活発化しており、金融機関は一層独自性や差別化を要請されています。そういった中でFinTechは顧客利便性の向上や金融機関としての独自性・差別化を実現するソリューションとして、金融関係者のみならず行政機関からも注目を浴びています。このような環境を踏まえ、SBIインベストメントが有する成長分野への投資の実績・経験と、SBIグループが培ってきたオンライン金融事業の知見を活用し、成長著しいFinTech分野の有望なベンチャー企業に投資する本ファンドを設立することといたしました。本ファンドは出資者(主に金融機関やFinTechに関連する事業会社)と投資先企業とのオープンイノベーションを支援し、投資先企業のバリューアップを行うと共に、出資者によるFinTechの導入・活用を推進してまいります。本ファンドに出資する金融機関は一部のFinTechのテクノロジー・サービスについて共同で検討を行うことで、初期投資の軽減や早期導入に向けて協議していく予定です。また、本ファンドに出資する一部の地域金融機関はFinTechのテクノロジー・サービスを地方創生に活用することを検討しています。SBIインベストメントはこのような取り組みを通じ、投資先企業及び出資者の提供する金融サービスの高度化を支援することで、国内金融産業の成長・発展に貢献していきたいと考えております。本ファンドには株式会社横浜銀行、株式会社山陰合同銀行を始めとする地方銀行、三井住友信託銀行株式会社、ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社、信用金庫等の金融機関、ソフトバンク株式会社、グローリー株式会社を始めとするFinTechに親和性の高い事業会社並びにSBIグループが出資済みまたは出資予定であり、最終的に総額300億円を目処とした組成を予定しております。なお、来年早々には第一号案件に投資を行う予定です。

など、積極的な動きを見せていて、要注目です。

 

最後に

Wealth Navi

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介させて頂いたWealth Navi(ウェルスナビ)をはじめとするロボアドバイザーサービスは、インデックスファンドに自動積立を行うような比較的ローリスク・ローリターンな金融商品です。もう少し、リスク選好度の高い投資家の方は、ソーシャルレンディングや投資型クラウドファンディングでより高い利回りを狙うのもアリかもしれません。具体的には、

あたりが良さそうです。これらの業者は金融庁の許可をとって営業しており、知名度は高くないですが、怪しい業者などではなさそうです。私は仕事柄、こういった商品に投資が出来ないのですが、少額で資産運用をはじめて見る価値はあるかと思います。たぶん10万円くらいから運用できるはず。Wealth Navi(ウェルスナビ)は最低投資金額が100万円からなので、最低投資額の観点からみれば、これらのサービスのほうが開始しやすいですね。

公式サイト:WealthNavi

2017年2月4日追記:「WealthNavi for SBI証券」なら30万円から投資が可能

SBI証券は「Wealth Navi(ウェルスナビ)」と提携し、「WealthNavi for SBI証券」をリリース。「Wealth Navi(ウェルスナビ)」とSBI証券の業務提携自体は、2016年12月に既に行われていました。「WealthNavi for SBI証券」の特徴としては、最低投資額が30万円であることが挙げられます。本家のWealth Navi(ウェルスナビ)の最低投資額が100万円であることを考えると、かなり手が出しやすくなったと思います。

公式サイト:WealthNavi

 

2017年2月11日追記:おつりで投資する資産形成アプリ「トラノコ」もおすすめかも

ウェルスナビもおすすめですが、おつりで投資する資産形成アプリ「トラノコ」もなかなかおもしろそうです。

トラノコのサービス開始時期:2017年

トラノコのサービス開始は2017年春を計画しています。

トラノコの創業者:ジャスティン・バロック氏

トラノコの創業者はジャスティン・バロック氏。以下、トラノコのリリースにあたってのジャスティン・バロック氏のコメントです。

日々の少額のお金で始められる『おつりで投資』というサービスを通し、将来に向けた資産形成に関心はあるものの手元資金が少ないために投資に踏み込めない若年層の心理的障壁を下げ、すべての人びとが投資家になれるシステムを提供します

トラノコの運営会社:TORANOTEC

トラノコの運営会社であるTORANOTECについていくつか記載します。

TORANOTECの会社概要

TORANOTECの会社概要については以下の通り。

  • 名称:TORANOTEC株式会社
  • 事業内容:金融サービス投資、フィンテック開発、アプリ運営
  • 代表取締役社長:ジャスティン・バロック氏
  • 資本金:1億3,100万人
  • 設立年月日:2016年8月17日
  • グループ体制:TORANOTEC株式会社+TORANOTEC投信投資顧問
  • 所在地:東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー27階
ニッセイ・キャピタルが出資

2016年12月20日、ニッセイ・キャピタルはTORANOTECに出資。以下、プレスリリースから抜粋です。

1.投資内容
当社はニッセイ・キャピタル7号投資事業有限責任組合を通じ、TORANOTEC株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 ジャスティン・バロック)に出資を実行いたしました。
2.会社概要
当社は「すべての人を投資家に」をモットーに高度な金融工学とテクノロジーを融合させ、個人投資家を重視したユニークな資産運用ビジネスの構築を掲げて創設したフィンテック(FINTECH)企業です。日々の少額のお金で始められる『おつりで投資』というサービスを提供して参ります。
3.サービス内容
今回の調達資金は、主に新しい資産運用サービス・アプリ「トラノコ」の開発に活用して参ります。「トラノコ」は、クレジット・カードやデビット・カード、公共交通機関共通乗車カード等から集積した日々のお買い物のトランザクションデータからラウンドアップ(おつり相当分)を投資に回すことが簡単に出来るアプリです。ユーザが毎日投資に当てる総額を承認することにより、あらかじめ設定された銀行口座から投資口座へ自動的に資金を移行し、少額ゆえに自然と投資が蓄積する仕組みとなります。

「トラノコ」のサービスは、TORANOTEC株式会社の100%子会社の資産運用会社、TORANOTEC投信投資顧問株式会社により提供します。TORANOTEC投信投資顧問株式会社は、世界水準の運用チームを擁しており、高品質のアクティブ運用を提供してまいります。トラノコ・アプリでは、安全重視、リターン重視およびその中間のポートフォリオをお客様に提供していく予定です。

セブン銀行が出資

TORANOTECにはセブン銀行も出資。

リアルワールドが出資

リアルワールドもTORANOTECに出資。以下、プレスリリースです。

「おつりで投資」する資産形成アプリ「トラノコ」について
「トラノコ」は、クレジット・カードやデビット・カード、公共交通機関共通乗車カードなどから日々のお買い物の購入額を集積し、おつり相当分※1を投資に回すことが簡単にでき、毎日コツコツ、自然と投資資金を積み上げていくアプリであります。「トラノコ」のサービスは、TORANOTEC株式会社の100%子会社の資産運用会社、TORANOTEC投信投資顧問株式会社により提供いたします。TORANOTEC投信投資顧問株式会社は、世界水準の運用チームを擁しており、高品質のアクティブ運用を提供してまいります。少額でも簡単にコツコツと資産形成できる「おつりで投資」アプリ、「トラノコ」。みなさまの将来設計のお役に立てる新しいサービスにどうぞご期待下さい。※1 おつり相当分とは、100円単位で計算される「端数」を指します。例えば、280円の買い物をした場合には、300円との差額である20円がおつりとなります。

出資の背景
TORANOTECの「すべての人を投資家に」というビジョンのもと、暮らしの中で投資をより身近に感じられるサービスの構築により、当社会員約1,000万人に向けて、日々の生活の中で利用いただけるサービスの提供ができるものと期待しております。

フィンテックの取り組み
当社は2016年4月に金融事業領域への参入を目的とした株式会社REAL FINTECHを設立いたしました。また、当社は同年5月より「ポイント利息」の付与サービスなどを、当社サービスを利用する会員約1,000万人に展開してまいりました。今後、当社では、ポイント資産および会員の投資ニーズに対し、マイクロファイナンスの考え方を取り入れたサービスへの対応をしてまいります。この度の出資は、マイクロファイナンスへの対応の一環であります。個人の資金力に応じたサービスを提供することにより、会員の利便性拡大にさらなる寄与をしてまいります。

2017年2月17日追記:英国発の「おつり」で「投資」アプリ「Moneybox」

英国発のおつりで投資アプリ「Moneybox」についてご紹介。

「Moneybox」のサービス開始日

サービス開始日は2016年8月31日

「Moneybox」の創業者:Ben Sta

「Moneybox」の特徴

英国在住の18歳以上の人を対象に、普段のカードでの買い物の金額の端数を切り上げ、その端数分を投資に回せるというもの。現在はiOSに対応し、Android版は開発中。

「Moneybox」の手数料

「Moneybox」の手数料は2タイプ存在する。

Fixed Monthly Fee

使用料として毎月決まった金額を支払うタイプ。

Platform Fee

投資額に合わせて支払うタイプ。

あわせて読みたい

関連記事を以下に記載します。

ロボアドバイザー

ソーシャルレンディング

株式投資型クラウドファンディング

仮想通貨

Wealth Navi

オススメ記事